スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び うっとり♪

梅田芸術劇場 メインホール
昨日大沢たかおサマ主演『ファントム』 2回目行ってきました!
これは昨日と同じですが携帯だとやっぱり不鮮明だったので前回行った時に撮ったものです
大きなシャンデリアです 天井に近い3階席だったのですごい迫力でした

内容書くので読みたくない!という方はとばしてください。
でも本当に肝心な事は伏せてますよ~

さて、2回目ということで 前回よりちょっとは落ち着いて見れました(笑)
それに前回双眼鏡を1個しか持ってなかったので パパと交代で使ったんですが
見たい時に見れないし 途中何度も「貸して」って言ってると話に集中できないので
昨日はもう1個持って行って 見たい時にしっかり見てストレスなしでした(^^)v
前回はほぼ真ん中でしたが今回はちょっと右側から見る感じで
違った角度で見ることができて 新たな発見もあったりしてよかったです♪

『ファントム』は『オペラ座の怪人』を原作に怪人ファントムの人間像に焦点をあてたお話です
ママは『オペラ座の怪人』は見たことがないので違いは詳しくわかりませんが
-ファントムは、怪人ではありません 人間です-というコンセプト通りだと思いました
醜い顔を仮面で隠し オペラ座の地下に住むファントム。
誰も地下に近寄らせないのに たまたま来てしまった人間を殺してしまうような
凶暴な面もあるのに
ファントムが恋する 天使の歌声を持つクリスティーンと一緒にいる時は
まるで少年のように初々しく、優しい とてもピュアな感じが表れていました
そのクリスティーンのデビューの時、毒薬を盛った飲み物を飲ませ声を潰し 
ひどい目に合わせたオペラ座のプリマドンナ カルロッタやひどい世間に
復習を誓うときの あの怒り、迫力。ゾクゾクしました さすが たかおサマ
歌も前回より確実に進化していました!いえ、前回ももちろん素晴らしかったんですよ
前回はまだ始まって3日目。それでも素敵な声で情感たっぷりに歌い上げて 感動しましたが
今回は半分もすぎ、さらに声もよく出ていて もっと迫力満点で感動しました 
本当に素晴らしかったです~(*´▽`*)

クリスティーンに 「仮面を取って素顔を見せてください」と言われます
断るファントムに 「どんなことも受け入れます すべて知りたいの」 と。
それならば。と仮面を取り 素顔を見せると。。。
あまりの醜い顔に恐れ 逃げてしまうクリスティーン (←ひどいわ!)
その後ひどいことをしてしまったと泣き崩れるけど もう遅い。
受け入れてもらえなくて ショックを受けるファントム。その様子に思わず涙が出ました
もうそこからはラストまで涙、涙。。。でした
オペラ座の元支配人が「おまえは 我が子だ」 と打ち明けると 
ファントムは「わかってたよ 話してくれるのを待ってたんだ」と。。。
最後はとても哀しい結末なんですが 父とわかりあえたこと 幸せだったんじゃないかなと
思いました とても素敵でした

カーテンコールは満席の観客で拍手喝采! 1階席総立ち!!
2、3階席でも立ってる人いました
たかおサマが出てきた時は「きゃぁ~(≧▽≦)」と歓声まで!(笑)凄い盛り上がりでした
前回の観客は平均年齢高いなぁと思ってましたが 今回はわりと若い人も多かったです
「ありがとうございました!」と何度も深々とお辞儀をし、両手を振ってくれるたかおサマに
「きゃぁぁ~(≧▽≦)」と手を振り返す方多し(笑) ママはできなかった(爆) 
カーテンコールのたかおサマは仮面を取って、とても嬉しそうな素敵な笑顔でした

昨日は特別イベントがあった日で 終演後 
シャンドン伯爵役の ルカス・ぺルマンさんのトークショーがあったり
ファントムの母親べラドーヴァ役の姿月あさとさんが歌ってくれて トークショーがありました
進行役の文化大臣役のコング桑田さんも関西弁で
とても関西弁全開の楽しいトークショーで笑わせていただきました 
。。。でも『ファントム』の世界に浸ってたのを 現実に引き戻された気分だった(*^m^*)
そうそう、ルカスさんのCDを買うと握手できるという握手会もやってました
とってもカッコいい方でしたが 日本語の台詞がちょっと聞きづらかったなぁ(^◇^;)
前回はWキャストの韓国のパク・トンハさんでした 違和感なく聞き取りやすかったです♪
偶然にもWキャストを両方見れてそういう違いも発見できました

クリスティーン役の徳永えりちゃん 可愛かったしお歌もハイトーンボイス(ソプラノ?)で
お上手でした でもその高い声のまま台詞言うとキンキンして聞き取りにくい所もあったなぁ
悪女カルロッタ役の大阪のソウルシンガー大西ユカリさん。さすが凄い迫力の歌声でした
どの曲もとても素敵でした 
それに舞台裏にオーケストラがいて生音だったのでとてもよかったです(*´▽`*)
(カーテンコールにはオーケストラの皆さんも登場しました♪♪)

映画もいいけど やっぱり生で目の前で演じてらっしゃるのを観て 歌声を聞くのって
迫力あるし 緊張感あるし いいもんだなぁ~(*´▽`*)って思いました
ママにとってミュージカルって突拍子もなく歌いだしたり踊りだすイメージがあったけど
『ファントム』はそんなことはなく、違和感なく観れて、話の内容に引き込まれる感じでした
ファントムは『怪人』ではなく、正しく『人間』でした
感動と興奮のひとときを過ごすことができて とても幸せでした

感動のあまり長々と書きましたが 読んでくださってありがとうございました!

お土産をもらった今朝のステちゃんの様子はまた明日アップしまーす
もう買うものはないだろうと思ってたのにまたある物を買っちゃいました~(*^m^*)
その物とステちゃんとのご対面の様子も また明日♪

まだ感動の余韻に浸り頭の中で曲が流れてて 気がつくとニヤけてるママに
外にいるときはニヤけないようにね!って
ポチッとお願いします絵文字名を入力してください
バナー

comment

今度はしっかりと・・・。

それにWキャストの両方が見られて良かったですね。
オペラ座の怪人の映画は観た事がありますが、
やはり似ているところも多いようですね。
ミュ-ジカル、随分前に劇団四季が札幌に来ると見に行ってましたが・・・。
やっぱり生の迫力には敵いませんねぇ~。
ママさんがたくさん書きたくなる気持ちとっても良くわかりますv-398

ひでやん&あやこさん

こんなに長いの読んでくださってありがとうございました(*´▽`*)
ついつい興奮のあまりたくさん書いちゃって。。。
あやこさんもミュージカルご覧になったことあるんですね!
劇団四季のですか~有名ですよね♪
やっぱり生の迫力ってすごいですよねぇ
そうなんです!たまたまWキャストの両方見れてラッキーでした☆
映画でオペラ座の怪人ご覧になってるんですね!
ママも一度観てみようかなぁ(*´▽`*)
Secret

ランキング


ボクのこと気にいってくれたら        ポチッと1票お願いします                  応援してね(^^)     

ブログランキング☆

ぺそぎん♪いま何時?

プロフィール

stitch&mama

Author:stitch&mama
ボクはシマリスの男の子
スティッチです
2003年4月17日に
パパに選ばれました
ボクとパパとママの3人暮らしです
ママは『ステのママ』
ボクは『ステ』って呼ばれてまーす
よろしくね♪

最近のコメント

お気に入りブログとHP

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でも会いにきてね♪

QR

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。